Home > 2009年02月06日

2009年02月06日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

5年の歳月をかけ初の絵本を出版されたキンコン西野



キンコングの西野さんが初の絵本を出版されました『Dr.インクの星空キネマ』(幻冬舎)。

きっかけは笑っていいともでおなじみのタモリさんに絵が上手だとほめられたことがきっかけだそうで、製作から出版まで5年かけた力作です。

絵の上手、下手についてはアマゾンのレビューに書かれてあるように賛否両論あるようですが、一生懸命書かれたことは伝わってきますね。

ストーリーは星をつかめるおじいさんやハシゴをつないで別な星に行こうとするおじさんの話であったり登場人物もユニークな作品であり4章で構成されています。

話の根源は西野さんの本人ブログに思いが書かれていました。

幼い頃から良く遊んだサトシ君という子がいて、山へいったり、昆虫をとったりと遊んだ記憶のことを思い出して、当時の記憶を形に表しているそうです。

写真などあまりとっていなくて当時の記憶はしっかりとは思い出せないけど、子供のころに抱いた疑問「どうして流れ星は流れるの?」「どうして人は夢を見るの?」といった内容を自分自身に今その“答え”を届けようと作り上げた作品だそうです。

キングコングといえば先日惜しくもM-1で敗退しましたが、お笑い芸人でも気持ちを伝えたいという頑張りで絵本を出版したことに心うたれたしだいです。

Home > 2009年02月06日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。